学校紹介

翔洋高校中等部を支える教職員     ※学級編成・担任はこちらです。

校長 村上 英治

国語科 村上 英治

【担当】高等学校・中等部校長
【好きな言葉】「希望こそ生きる原動力」「人生とは選択の連続である」
【趣味】・旅行(とにかくあちこち彷徨って歩くのが好き)+温泉 ・テニス(初心者です:サーブがうまくできない) ・カラオケ(ストレス発散に最高。個室に入った途端70年代フォークを歌いまくる)

北海道生まれ。いわゆる道産子です。中学時代は不完全燃焼。ただ、息をして教室に存在しているだけの人間。時間を浪費したと悔やんでいます。高校は中学時代の反省から「失敗してもいいから後悔だけはしない日々を送ろう」と決意。勉強も自分なりに努力しましたし、生徒会活動を行い生徒会長もやりました。
卒業後山梨県の大学に進みました。4年間の青春時代は楽しいものでした。生涯の友人をそこで2人得て、今でも変わらぬ友情を交わしています。友は宝物です。
健康な時に健康の大切さがわからないように若いときは若さの素晴らしさがわからないものです。でもその素晴らしさに気付いた人は、意味ある有意義な青春を送ることができるのではないかと思っています。
また、「青春というのは素晴らしいんだよ」と気づかせてあげるのが「教育」なのではないかと思っています。

ページ上に戻る

国語科 望月 幹郎

【担当】国語科 教頭
【部活動】野球部
【何故教員になったのか】
私は、翔洋中等部の前身東海大一中の卒業生です。東海大一中は、私が入学したとき全校生徒が確か122名という本当に小さな学校でした。しかし、その中で過ごした学校生活は、私の中での貴重な財産になりました。中学校時代、「東海一中の教師になりたい」との思いが教師になった理由です。
【メッセージ】
学ぶことの喜びは、「わかる(わかった)」「できる(できた)」「知る(知った)」という経験を数多くすることだと思います。そういう感覚をたくさん味わえる環境が、この翔洋にはあると思っています。学習だけでなく部活動、学校生活も含め、自分の感性を磨くためにともに歩みましょう。

国語科 望月 幹郎

ページ上に戻る

理科 山崎 昌幸

理科 山崎 昌幸

【担当】理科・教務主任
【部活動】陸上競技部部長
【教員になった理由】金八先生に夢中になったから。
【好きな言葉】気概
【現在ハマっていること】カラオケ(ストレス発散に、風が吹いている~♪)
【趣味】Aurora鑑賞(またホンモノが見たい!!)
【一言】今年もやります、ドリームサイエンス2016!!今年は目標5,000名の入場者を目指します!!生物授業担当者として、未来の医師&看護師をめざす中・高生のサポートまかせなさい!!

ページ上に戻る

事務長 山本 芳彦

【担 当】事務(幼・小・中・高)
【一言】4月より5年ぶりに職場が初等中等教育部門になりました。生徒が学習する環境作りと、先生方の教育研究する環境作りが大切な業務と考えます。先生方に学校運営状況を理解していただけるよう情報提供に努めていきたいと考えています。

事務長 山本 芳彦

ページ上に戻る

保健体育科 塚田信哉

保健体育科 塚田 信哉

【担当】中等部生徒指導主任・3学年副担任
【部活動】柔道部(柔道五段)
【好きな言葉】「自他共栄」
【趣味】スキー、水泳、柔道、剣道、その他運動、旅行
【メッセージ】中学校から柔道を習い、現在も生徒と一緒に汗をかくのが好きです。その経験から、柔道やスポーツを真剣に取り組むと体験の中から、多くの精神的な成長できます。緊張感は自分の力を出すためにとっても重要である。また、プレッシャーやストレスは、考え方により自分を高めるパワーになるなど。
人生は、人のために何ができたかであると思います。社会を支える人間を育てたいと思っています。

ページ上に戻る

数学科 平塚 智

【担当】数学科・3学年主任
【部活動】女子サッカー部(中高)
【何故教員になったのか】理系で、目が色弱であったために不利にならない数学科を専攻し、スポーツ(サッカーなど)ができる環境ということで教員を志望になった。
【今どんなことを教えているのか】文字式の導入とその計算。いかにして要領よく数学の問題が解けるかを教えたい。部活では全国大会のすごさを体感させたい。

【メッセージ】
SHOYO NEWS 中等部(学校だより)を担当しています。ホームページに毎月アップしていますので、是非見てください。
http://www.shoyo.tokai.ed.jp/junior_intro/news.html
中等部女子サッカー部のトピックスページも更新しています。是非見てください。
http://www.shoyo.tokai.ed.jp/old/
00_cyuutoubu/cyuugaku/bukatu/butopics/jsoctopics.html

数学科 平塚 智

ページ上に戻る

数学科 山下孝幸

数学科 山下孝幸

【担当】数学科・2学年主任
【部活動】空手道部
【何故教員になったのか】小学校の時はプラモデルが好きでお小遣いはすべてプラモデルに。中学校の時は数学が好きになり、ものを作ったり考えたりすることが得意になりました。また、当時恩師の喜名景秀先生と出会い、勉強することの楽しさを学びました。教員になったのは喜名先生のおかげです。
【学習と部活動】授業は教科書以外に身の回りにある数学を紹介しながら展開しています。生徒には卒業するまでに数学検定3級を取らせる指導をしています。部活動は空手道の監督をしていて、頑張る生徒のおかげで、全中・全国選抜に10回連続して出場できました。感謝です。

ページ上に戻る

理科 岡村昭伸

【担当】理科・1学年主任
【部活動】科学研究部
【何故教員になったのか】
中学2・3年の担任の先生の御自宅に卒業後遊びに伺った時 、「君たちの顔を見て飲めるのが最高の幸せだ」と聞いて、興味を持ち始めました。そ れまでは警察の科学捜査官とかになってみたかったです(今もあこがれてます)。

【今どんなことを教えたいか】理科の答が一つだと考えている生徒が多いのですが、今 は真実とされていることから全く異なる真実が生まれてくることがたくさんあります。 普段の生活や実験の中から自分で見つけ出す喜びを感じてもらえたらと考えています。
【メッセージ】
学校は”学ぶ”場所です。教科も部活動も生徒会活動も自ら学ばなけれ ばおもしろさは見えてきません。東海大学ではさまざまなチャンスが用意されています 。ぜひ付属中学の利点を生かしてさまざまなチャレンジをいっしょに楽しんでいきまし ょう。

理科 岡村昭伸

ページ上に戻る

保健体育科 太田 恒治

保健体育科 太田 恒治

【担当】3年D組担任・保健体育科教科責任者・生徒指導部
【部活動】男子サッカー部
【好きな言葉】情熱
【モットー】備えあれば憂いなし 

クラス・授業・部活動のどの指導においても「返事・挨拶・後始末」の3つの柱を大切にしています。人としての基本となるものです。中学校生活を通じて人間性を高め、誇りを持てる人間に育って欲しいと思っています。人生の中で日本一を本気で目指せる環境などそうあるものではありません。しかし、本校にはその環境があります。本気で目指す仲間がいます。それを成し遂げた先輩がいます。一緒に日本一を目指して頑張りましょう。

ページ上に戻る

社会科 清野 雄大

【担当】1年B組担任
【部活動】男子サッカー部
【好きな言葉】当たり前の事を当たり前にやるのがスーパープレー
【趣味】犬の散歩、温泉めぐり

タイムマシンがあったらいいな" と思った事はありませんか?江戸時代にタイムスリップしてみたり、自分の行った事のない国に行ってみたり…そんな体験を教室で出来るのが社会の授業だと私は思います。「昔の日本はどうだったのか?」「アメリカってどんな国?」という疑問を一人ではなく仲間と考えたり、話し合ったりする事で発見をたくさんしてほしいと思います。小さな「疑問」が「発見」となり、それが増えると「知識(力)」になります。一緒にたくさんの発見をしていきましょう!

社会科 清野 雄大

ページ上に戻る

社会科 鈴木 英夫

社会科 鈴木 英夫

【担当】社会科・2年A組担任
【部活動】陸上競技部
【何故教員になったのか】小学校から社会の授業で地図を見ることが大好きであったのがきっかけで教師になりました。教師として新しいことに対して興味を持って取り組むことが大切だと考えています。
【メッセージ】1年生の社会を担当しています。小学校を卒業したばかりの中学1年生に「社会はワクワクして楽しい」をモットーに人類の登場から始まる歴史分野と6つの大陸から始まる地理分野を交互に勉強していきます。社会科を通して授業中の本読みやクラスメイトの発言に耳を傾けることを身につけてほしいです。

ページ上に戻る

保健体育科 佐野 健二

【担当】1学年副担任 保健体育科
【部活動】男子サッカー部部長
【好きな言葉】「努力は人を裏切らない」
【趣味】旅行(時間がなくて行けませんが)・プロレス鑑賞

清水生まれの清水育ちです。
小学校から高校まで清水で育ち、ずっとサッカーをやっていました。
高校は東海大一高に進み、東海大学体育学部に進学し、母校に教員として戻ることが出来ました。幼稚園の時に「おかあさんといっしょ」に出演していた体操のお兄さんに憧れて、体育に関係する仕事に就きたいと思い始め、サッカーをやっていたこともあり、夢が叶ってとても幸せです。
部活では、優先順位を①生活②勉強③サッカーとして、まずはしっかりとした生活が送れることを一番において指導をしています。

保健体育科 佐野 健二

ページ上に戻る

国語科 竹田 美奈子

国語科 竹田 美奈子

【担当】1年C組担任・国語科
【部活動】吹奏楽部
【教員になるきっかけ】自分が「楽しい」だけでは満足できなくなったので。
【好きな言葉】目前心後
【好きな食べ物】食べ物のストック
【ハマっていること】着物が好きなので、たまに着ます。ぼんやり景色を眺めたり、近くに本屋があればこまめにチェックします。好きな音楽はYouTubeで聴くことが多いです。
【一言】クラスも教科も部活動も、やりがいしかありません。自分の勉強不足も感じますが、なんとか初年度を乗り越えたいです。

ページ上に戻る

社会科 橋本 克巳

【担当】社会科・3年C組担任
【部活動】美術部
【何故教員になったのか】当時は景気が良く民間へ就職する人が多かったことから安定した教職を選んだ。
【今どんなことを教えているのか】中等部3年生を教えている。
【担当教科はどんな教科なのか】教科は公民
【メッセージ】教える仕事に就いたことは、なんでも知っていなければならないと思うが、逆に君たち生徒から最近の流行やファッションなどを教わることも多いです。だからこそ人生は今でも学習の積み重ねと考えています。皆さんこれからもよろしくね。

社会科 橋本 克巳

ページ上に戻る

国語科 赤池 克佳

国語科 赤池 克佳

【担当】3年A組担任
【部活動】男子バスケットボール部部長
【好きな言葉】中庸
【趣味】スポーツ観戦、読書

国語を担当しています。言葉は武器にも凶器にもなります。ネットやSNSの使用により、言 葉によるいじめなどが世間でニュースになっています。自分の気持ち、考えを相手に正しく伝 えるには、どうしてらいいのか、その方法をみんなで考え、身に付けさせたいと思っています。 また、妻の妊娠を機に、命について考えさせられました。今を一生懸命生きることの大切さ も伝えていければと考えています。

ページ上に戻る

保健体育科 佐野 伸子

【担当】保健体育科・2年C組担任
【部活動】中・高女子バスケットボール部
【何故教員になったのか】大学3年生の6月に右肩を脱臼し男性の指導者にテーピングをしてもらった頃から教職を考えるようになりました。
【担当教科はどんな教科なのか】体育は「できる」「できない」がはっきりする教科であると思われます。 今まで馬跳びやマット運動の後転ができなかったのに、できるようになったという声を聞くと私自身も嬉しくなります。
【メッセージ】翔洋で共に学び、共に輝きましょう。

保健体育科 佐野 伸子

ページ上に戻る

理科 込山 典寿

理科 込山 典寿

【担当】2年D組担任・理科
【部活動】男子バスケットボール部
【好きな言葉】玲瓏(周囲を見渡せる、いつも透き通った心静かな気持ち)。顔晴れ(がんばれ)。

本校はスポーツが大変盛んであり、私もバスケット部を指導しておりますが、多くのことを犠牲にして部活と勉強を頑張れと強いるつもりはありません。人生の方が大切です。但し、いろんなことを犠牲にするのではなく、スポーツをやりながら、人生も成功したということには価値があります。限られた時間の中で、どうしたら成功するのか、向上するのかを毎日考える時間はとても倖せです。こう考えると、クラスであれ、授業であれ、ワクワク、フルフル、キラキラしてきますよね!一緒に顔晴りましょう。

ページ上に戻る

数学科 小久保 雄介

【担当】1年D組担任・数学科
【部活動】フェンシング部
【教員になった理由】代ゼミの荻野暢也先生に憧れて(ぉーん)
【好きな言葉】二兎を追う者だけが、二兎を得る。
【現在ハマっていること】保近辺のラーメン屋を探索,風来のシレン5+
【趣味】ブレイクダンス,麻雀,入試問題を解く
【一言】数学の学習というと「公式を使って計算をする。」や「定理を用いて証明をする。」というイメージが強いと思います。もちろんそれも大切ですが、数学の真の面白さは「決まりや法則を発見する」ことだと思います。皆さんの身の回りにも、何かの決まりや法則はありませんか?ぜひ考えてみて、自分だけの公式を発見してみてください。

数学科 小久保 雄介

ページ上に戻る

理科 寺崎 裕紀

理科 寺崎 裕紀

【担当】理科・1学年副担任
【部活動】野球部
【好きな言葉】感謝
【現在ハマっていること】釣り
【一言】今、夢中になっていることに全力で取り組んだことが人間が成長する第一歩だと思います。翔洋での「学び」を大切に1日1日を全力で過ごしましょう。

ページ上に戻る

英語科 豊田 理和

【担当】3年B組担任・教務副主任
【部活動】チアリーダー部部長
【いつも思っていること】Whether you think that you can, or that you can't, you are usually right.

北海道札幌市出身の道産子です。幼稚園卒園の時からの希望であった中学校教員になって、今はとにかく生活の基盤・基礎を作ることを心掛けています。
よく、「どうせできないし」ということをいう生徒がいます。そういった生徒たちに伝えたいのは、言葉に出してしまうと、それが本当になってしまうということです。「どうせできない」のではなく、「できるようにやってみよう」という前向きな気持ちで、様々なことに挑戦してもらいたいと切に願っています。そして世界に誇れる北海道弁が、静岡にも浸透すればいいのにと毎日考えながら生きています。

英語科 豊田 理和

ページ上に戻る

国語科 牧野 百花

国語科 牧野 百花

【担当】国語科・書道・1年A組担任
【部活動】書道部

中等部で国語と書写を担当しています。自分のイメージを表現して目に見える形にする。自分の思いや考えを人に伝える。そのためには一体どうしたら良いのでしょうか。表現力、想像力、創造力。表現には「自分の思い通りにする」というイメージがあります。しかし、自分の思い通りの表現をするためには、基礎となる知識や技が必要です。考えを伝えるためには、言葉を知らなければならない。作品をつくるためには、技を鍛えなければいけない。基礎を大切にしながら、一生に一度の中学校生活を充実させる手助けができればと思っています。

ページ上に戻る

英語科 小嶋 隆雅

【担当】英語科・2年B組担任
【部活動】卓球部
【趣味】スノーボード・珈琲屋めぐり・雑貨屋めぐり
【現在ハマっていること】燻製づくり(チーズやら味玉やら)
【好きな食べ物】祖母の作った鳥のから揚げ
【好きな言葉】気概
【一言】 私のモットーは「笑顔でいること」です。そして、教師としてのモットーは「笑顔でいられる子どもを育てること」です。人生に必ずある困難や苦難を乗り越えて、「笑顔」でいられるよう、自ら学び、仲間と共に心を育てることができる環境づくりを日々心がけています。授業は英語を担当しています。英語という「ことば」の勉強を通して、新しい勉強観、価値観、そして世界観を手に入れられるよう指導しています。「ことば」が使えることで得られる「出会い」の素晴らしさを少しでも伝えれられればと思います!

英語科 小嶋 隆雅

ページ上に戻る

国語科 平井 亮輔

国語科 平井 亮輔

【担当】国語科・2学年副担任
【部活動】柔道部
【好きな言葉】「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
【趣味】柔道・その他スポーツ・映画鑑賞
【現在ハマっているのは】読書(ジャンル問わず)・子育て!
【メッセージ】「挨拶・礼儀・整理整頓」の3つを中心に指導しています。中学校生活での土台は将来に必ず役立つと思っています。厳しく、優しく、そして情熱をもって接していきますので、宜しくお願いします。

ページ上に戻る

英語科 田中 剛

【担当】1年E組担任・英語科
【部活動】剣道部
【なぜ教師になりたいと思ったのか】教師になりたいと思ったのは、自分が中学生だったとき英語の勉強が好きで、教師としての仕事は大変やりがいがあると思い、あこがれたからです。教師として今の自分にできることは何かを考えています。
今の英語の勉強は、英語を使って外国の人たちと生活したり仕事をしたりできるようになることが一番の目標になります。勉強と部活動を両立させたいひとは、ぜひ本校へ来て下さい。

英語科 田中 剛

ページ上に戻る

高校教職員紹介はこちら