校長 村上 英治

本校は2015年4月1日より東海大学付属静岡翔洋高等学校、東海大学付属静岡翔洋高等学校中等部へと校名を変更いたします。これは、ただ校名を変更するのではなく4月からの本校のメッセージ「変わる!翔洋 2つの約束、3つの宣言」を受けてのものです。つまり、校名も学校の教育内容も大きく形を変え、新たに生まれ変わるということを意味しています。本校の素晴らしい伝統を継承しながら、新しい歴史の一歩を踏み出す所存です。

私の教育の信念は「目標と競争のない教育はない」「教育とは具体的なものである」の2点です。生徒個々に明確な目標を持たせそれに向かって努力させる、切磋琢磨して競わせていく、そうやって学校も人も伸びていくのだと思っています。

どんなに崇高な理念や精神を掲げても、それを教育の現場で具体的に実践しない限りそれは意味をなしません。教師が生徒としっかり向き合い、具体的に取り組み実践していく中で、生徒の夢や希望が実現できる学校にしたいと思っています。

希望こそが生きる原動力であると思うからです。

静岡は東海大学発祥の地です。その静岡という地名を入れることによって、もう一度建学の原点に立ち戻り、新たな学校としてスタートさせたいと思っております。

より地域に根ざし、より地域に愛され、より地域から発信する学校へと変貌を遂げたい、そんな決意と願いがこの「静岡翔洋」という校名に込められているのです。

10月5日(日)新聞発表

10月5日(日)静岡新聞中部版と東部版に全面広告が掲載されました。

来年4月1日から「東海大学付属静岡翔洋高等学校」に変わる本校の事を県内の皆さんに知っていただくよい機会となりました。

実際に、「新聞を見て説明会の申し込みをします」と言って電話を掛けてこられたかたもいらっしゃいました。

静岡新聞中部版・東部版10月5日(日)朝刊全面広告をダウンロードしたいかたはこちらです。
※PDFで開きます。(515kb)