― 「変わる!静岡翔洋」3つの実践! ―
東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部は、2015年度より『静岡翔洋』として校名を変更し、『変わる!静岡翔洋』を掲げてスタートしました。礼儀正しく、明るく元気なあいさつができ、身だしなみや美しい環境づくりに気を配ることができる生徒が育っています。2016年度は、2017年度に向けて『3つの実践』を掲げ、さらに進化を続けます。

①学校完全週6日制実施~大学進学を見すえた授業・学習を展開
『学校完全週6日制』を実施しています。授業は、月曜日~金曜まで6時間、合計30時間。土曜日は、75分の授業を2時間設定して多くの授業時間を確保しています。高校は、生徒の進路、個性や適性、興味に合わせた「土曜講座」。中等部は、各教科の演習やスタディサプリなど様々な学習を盛り込んだ「土曜授業」を行っています。大学進学まで見すえた学習ができる環境、学習をさせる環境を整えています。

②充実した施設で全国大会・東海大会を目指す部活動
静岡翔洋では、第一に学習に力を入れていますが、部活動も同様です。現在、文化部も運動部も恵まれた施設の中で活動していますが、2016年度には人工芝グラウンドが新設されます。より充実した施設の中で心と体を鍛え、運動部も文化部も高い目標を目指して日々活動をしています。

2016年秋 人工芝グラウンド完成しました。
 
 
 
・体育実技・行事及び公式戦(サッカー・ラグビー競技)、陸上競技(全天候型ウレタン舗装:直線120m4レーン+60m1レーン)が行える多目的人工芝グラウンド。

翔洋グラウンドが新しく変わる様子をご覧ください。7月末工事開始しました。 ※画像は8階から

③全路線無料スクールバス運行(全7路線)~2017年度より藤枝便を新設!
登下校の『全路線無料スクールバス』を運行(会員登録代年間1,000円)します。路線も現行の静岡便、清水便、富士宮・富士便、吉田便、羽鳥・北街道便、安倍川・南幹線便の6路線に加え、2017年度より藤枝便の新路線を運行します。安心・安全な登下校が無料で保証されます。