学校紹介

 ここ清水キャンパスは学園唯一の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・短期大学部・海洋学部・大学院という東海大学が目指している「一貫教育」の教育機関がすべてそろっている地域です。
教育学習面・部活動・行事の相互乗り入れ連携などを行い、お互いの素晴らしい点を生かして総合的に学園の教育力を高め発展させていこうと考えております。県下初の「幼・小・中・高・大の一貫教育」として、地域に貢献し、地域とともに歩み、有為な人材を育てて社会に送り出すという使命のもと、発展を続けています。
 さて、本校は東海大学の建学の精神のもと、学園発祥の地である清水に最初の付属高校(東海大一高校)と最初の実業高校(東海大工業高校)を前身にもつ高校として1999年に開校いたしました。「生徒の豊かな心と創造性をはぐくむ教育」「柔軟な思考力と判断力を養う教育」を掲げ、多くの卒業生を輩出してきました。
 本校は大学の付属高校として勉強と部活動の両立、文武両道を実践している学校です。2コース制をとりそれぞれの個性や特性に応じたクラス編成を行っています。また、「あいさつがあふれる学校」をめざし、礼儀、身だしなみを大切にする学校です。環境美化も大切な取り組みの一つです。世界文化遺産「三保の松原」という美しい景勝の地にある本校は、その地に恥じぬよう学校も美しい環境を保ってゆく努力も続けてゆきます。