高等学校のご案内

理科サタデーセミナー

【高1】(5月12日)「二足歩行で歩くおもちゃを作ろう」

電池や輪ゴムの力を使わず、重心移動だけで二足歩行するおもちゃを作りました。ストローの長さを変えたり、クリップの数を変え重さを変えたりすることで、より早くより遠くまで歩く方法を考え、オリジナルのおもちゃを作りました! 既製品では感じられない達成感を生徒は感じていました!! 完成したおもちゃを使ってみんなで競争しました!!

【高1】(5月27日)「身の回りの水質調査」

「身の回りの水質調査」を行いました。それぞれの家の近くの川や池、田んぼ、湧き水などから汲んできた水がどのような水であるかを調査しました。見た目はとても綺麗なのに科学的にはとても汚かったり、見た目はとても濁っているのに科学的には綺麗だったりと、周りの水を見る目が変わりました。 サタデーセミナー理科1年生は生活に密着した科学を学んでいます!

【高1】(6月2日)「放射線を正しく知ろう」

静岡大学名誉教授奥野健二先生と静岡エネルギー・環境懇談会のスタッフの方々の協力を得て、 授業が展開されました。非常に工夫された放射線についての講義を受けた後、霧箱を用いて自然放射線の観察を行いました。 α線とβ線の違いもはっきりとわかり、自然界に放射線が降り注いていることを実感できました。その後、遮蔽実験を行い、 遮蔽物により放射線を防ぐことができることを知り、その量は物質や厚さに関係することを理解しました。放射線をやみくもに怖がるのではなく、 正しい知識を持ち報道などに目を向けることが大切であることを学びました。

【高1】(6月9日)「ブラックウォールを作ろう」

偏光シートを利用して、不思議な通り抜けられる壁を作りました。
偏光シートは、一つの方向の光だけを通す性質があります。 2枚の偏光シートを重ねて光の方に向け、 1枚だけを回転させ 偏光面が直交するように重ねると、光は通らなくなり暗く見えます。ブラックウォールはこの性質を利用したものです。
説明されてもなかなか難しい原理ですが、作ってみれば納得!!
目で見て確認する体験はとても大切ですね!感動!!

【高1】(6月16日)「薬学を身近に感じよう!」

東海大学創造科学技術研究機構(前県立大学薬学)浅川倫宏先生による特別講義が行われました。
薬学部について・研究者とはなどの講義の後、フルオレセインジアセテートのアンモニア水による脱アセテート化の実験を行いました。
高校では使用しない実験器具や薬品を使用し、気分は大学生のようでした!最後にブラックライトを照らすと、蛍光を発しとてもきれいで感動しました!!